23日に西・東日本上陸の恐れ=強い台風21号、北上へ―気象庁

時事通信 / 2017年10月18日 14時17分

強い台風21号は18日午後、フィリピンの東海上を北上した。気象庁によると、今後勢力を強めて22日に九州南部・奄美の南東海上に進み、23日には西・東日本の太平洋沿岸に接近するか上陸する可能性がある。同庁は、沖縄・奄美では21日ごろから大荒れになる所があり、西日本から北日本でも台風や前線の動きによって21日以降に大荒れの恐れがあるとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング