神鋼は再発防止徹底を=データ改ざん―トヨタ社長

時事通信 / 2017年10月23日 21時32分

トヨタ自動車の豊田章男社長は23日、神戸製鋼所のデータ改ざん問題について「間違いが出た時は立ち止まり、全員が心を一つにして安心と安全を確保するため行動し、二度と起こらないよう再発防止(への努力)を続けていくことが日本のものづくりの強みだ」と述べ、再発防止策の徹底が重要との考えを強調した。豊田社長は、トヨタが米国で2009~10年に大規模リコールを迫られた経験を振り返り、「100%品質に責任を持てということが改めて分かった」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング