北朝鮮、国難突破論を批判=日本に「強硬な自衛的措置」

時事通信 / 2017年10月23日 8時23分

【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は22日の報道官談話で、「北朝鮮の核の脅威」による国難の突破を名目にした衆院解散について「何の大義名分もない」と批判し、日本が「米帝侵略軍」を駐屯させ、自衛隊と合同訓練を行っていると非難した。朝鮮中央通信が伝えた。報道官は「日本が米国を後ろ盾に再侵略の準備に拍車を掛けていることが明白になった以上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング