昼の傷、夜より早く治る?=細胞レベルの体内時計で―英研究所

時事通信 / 2017年11月9日 16時21分

体が目覚めている昼間に負った傷ややけどは、夜間に負傷した場合に比べて早く治る可能性があると、英MRC分子生物学研究所などの研究チームが9日、米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。傷ややけどを負った直後に周囲から皮膚の線維芽細胞が集まり、コラーゲンを生み出して蓄積するペースが、昼間の方が速いためとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング