ヘリ墜落、原因究明長期化も=記録装置なし、焼損激しく―群馬

時事通信 / 2017年11月9日 20時23分

群馬県上野村の藤沢橋にヘリコプターが墜落、炎上し4人が死亡した事故で、機体には飛行データを記録するフライトレコーダーが搭載されていなかったことが9日、運輸安全委員会による現地調査で分かった。計器なども激しく燃えたことで分析が難しく、同委は原因究明が長期化するとの見通しを示した。同委の航空事故調査官3人は9日朝から現地入りし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング