「核廃絶のスタートライン」=被爆者ら、ノーベル平和賞に思い新た

時事通信 / 2017年12月10日 23時19分

「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員川崎哲さん(49)が共同代表を務める国際NGO「ピースボート」は10日夜、東京都新宿区の事務局でノーベル平和賞授賞式のパブリックビューイングを開催した。参加した被爆者らは「核廃絶のスタートラインに立った」と思いを新たにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング