「早く解決を」と焦燥感=相次ぐ訃報に―拉致被害者家族ら

時事通信 / 2017年12月12日 18時36分

北朝鮮の拉致被害者、増元るみ子さん=拉致当時(24)=の母信子さん(90)と、帰国した曽我ひとみさん(58)の夫、チャールズ・ジェンキンスさん(77)の訃報が相次いで伝えられた12日、高齢化が進む被害者家族は故人を悼むとともに、「早く解決を」と焦燥感を募らせた。増元さんとともに拉致された市川修一さん=同(23)=の兄健一さん(72)は「どんなに娘さんと会いたかったか」と信子さんの心情を代弁。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング