東芝、銀行団支援「白紙」 3月末も債務超過、法的整理リスク高まる

夕刊フジ / 2017年2月17日 17時12分

東芝の先行きがますます厳しくなってきた。取引銀行団は当面の融資継続を決めたが、3月末以降は「白紙」だ。銀行団からは半導体事業を完全に切り離すことを要求されている東芝だが、虎の子を手放してしまえば稼ぎ頭を失う。4月以降も債務超過状態が継続することが確実で、法的整理リスクも高まっている。東芝の当初のシナリオは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング