写真

<description role="descRole:caption"> 4月16日、欧州連合(EU)は、ルクセンブルクで開いた外相理事会で、弾道ミサイル開発やシリアのアサド政権への支援を巡る新たな対イラン制裁を協議したが、イタリアの反対で合意には至らなかった。写真は理事会に出席した各国外相など。ルクセンブルクで撮影(2018年 ロイター/Eric Vidal) </description>

[ルクセンブルク16日ロイター]-欧州連合(EU)は16日、ルクセンブルクで開いた外相理事会で、弾道ミサイル開発やシリアのアサド政権への支援を巡る新たな対イラン制裁を協議したが、イタリアの反対で合意には至らなかった。 トランプ米大統領は2015年にイランと欧米など6カ国が結んだ核合意について、5月12日までに欠陥を「修正」するよう欧州の当事国に求めているが、一部のEU外交官は外相理事会の結果を受け、EUはこの期限までに新制裁について合意できない可能性があると指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング