G7、シリアの化学兵器使用抑制に向けた米英仏の取り組みを支持

ロイター / 2018年4月17日 17時36分

[ベルリン17日ロイター]-主要7カ国(G7)は、4月7日のシリアの東グータ地区での化学兵器使用疑惑について非難し、化学兵器の将来的な使用阻止に向けた米英仏の「均衡のとれた」取り組みを支持した。 G7はシリアのアサド大統領について言及し、「われわれは、アサド政権による化学兵器の使用能力の低下、および将来的な使用阻止に向けた米英仏の努力を全面的に支持する」と指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング