写真

 4月17日、中国政府は、農協大手CHSなどの米企業に対し、中国へのモロコシ(ソルガム)輸出に際し最大178.6%の預託金を徴収することを明らかにした。18日から開始する。写真はイリノイ州ミノッカで2014年9月撮影(2018年 ロイター/Jim Young)

[北京17日ロイター]-中国政府は17日、農協大手CHSなどの米企業に対し、中国へのモロコシ(ソルガム)輸出に際し最大178.6%の預託金を徴収することを明らかにした。18日から開始する。 米国産ソルガムは中国で主に家畜飼料に利用されており、米国にとって大豆とともに中国が最大の輸出先。 商務省は今回の措置を「一時的な反ダンピング対策」としており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング