国連アフガン支援団巡り米中が対立、中国は拒否権発動も=外交筋

ロイター / 2019年9月17日 11時2分

[国連16日ロイター]-国連がアフガニスタンで展開する政治ミッションの職務継続に向けた安全保障理事会の決議を巡り米中が対立している。複数の外交筋が明らかにした。中国は、決議案で「一帯一路」構想への言及がないことを不満とし、拒否権の発動を示唆しているという。 アフガニスタン支援団(UNAMA)の職務継続について安保理は16日に採決を予定していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング