写真

 9月17日、米アップルが2016年に欧州委員会から130億ユーロ(140億ドル)の追徴課税を命じられた問題で、欧州連合(EU)一般裁判所の審理が行われた。写真は製品発表会に登壇したアップルのティム・クックCEO。9月10日、カリフォルニア州で撮影(2019年 ロイター/Stephen Lam)

[ルクセンブルク17日ロイター]-米アップルが2016年に欧州委員会から130億ユーロ(140億ドル)の追徴課税を命じられた問題で、欧州連合(EU)一般裁判所の審理が17日行われた。 アップルは追徴課税額が「非現実的で、常識とかけ離れている」と批判。欧州委員会が国家補助金の監視権限を利用して「国の法律に変更」を加え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング