独与党SPD、世論調査で支持率過去最低 連立に一段の圧力も

ロイター / 2019年6月17日 11時10分

[ベルリン15日ロイター]-15日に発表された調査機関フォルサの世論調査で、ドイツ連立与党の一角である社会民主党(SPD)の支持率が、過去最低の11%に落ち込んだ。 支持率は前週から1ポイント低下し、1949年の調査開始以来最低。反移民を掲げる極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の13%を下回る第4位となった。 SPDが欧州議会選で議席を大幅に減らした上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング