核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を履行するため、海上自衛隊の護衛艦や哨戒機が昨年12月から日本海や朝鮮半島西側の黄海で、外国船から北朝鮮船舶への石油などの移し替えがないか警戒監視活動に当たっていることが13日、政府関係者への取材で分かった。米政府は昨年11月に北朝鮮船舶が制裁決議に違反する船舶間の積み替えを行っていると指摘。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング