タイトル保持者に初勝利=藤井四段が佐藤名人破る―将棋・朝日杯

時事通信 / 2018年1月14日 16時38分

中学生の最年少将棋棋士、藤井聡太四段(15)が14日、名古屋市内で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦の準々決勝で佐藤天彦名人(29)に121手で勝ち、準決勝進出を決めた。藤井四段の公式戦での現役タイトル保持者との対局は初めてで、初白星を挙げた。2月17日に行われる準決勝の相手は羽生善治2冠(47)=竜王、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング