奨学金で生活保護減額は違法=「収入認定検討せず」賠償命令―福島地裁

時事通信 / 2018年1月16日 21時33分

福島市が奨学金を収入と認定し、生活保護費を減額されたことで精神的苦痛を受けたとして、市内の30代女性と高校生の長女が市に計100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福島地裁であった。金沢秀樹裁判長は、処分は違法として、母娘に各5万円を支払うよう命じた。判決によると、市は2014年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング