比大統領「措置取る」=慰安婦像で河井議員に

時事通信 / 2018年1月17日 23時45分

【マニラ時事】自民党総裁外交特別補佐の河井克行衆院議員は17日、フィリピンの首都マニラでドゥテルテ大統領と会談した。会談後、河井氏は記者団に対し、昨年12月にマニラに設置された旧日本軍の慰安婦を象徴する女性像について日本側の懸念を伝え、大統領が「しっかりとした措置を取る」と応じたと明らかにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング