豚まんが被災地つなぐ=神戸、仙台の店舗が熊本市に〔地域〕

時事通信 / 2018年1月18日 10時30分

熊本市の中心市街地で17日、神戸市や仙台市に本店のある中華料理店などが集まって豚まんを販売するイベントが開かれた。阪神大震災と東日本大震災、熊本地震の被災地から6店舗が参加した形で、温かい豚まんを買い求める熊本市民らが長蛇の列を作った。イベントは豚まん専門店「老祥記」(神戸市)の曹英生社長(61)らが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング