昨年衆院選は「合憲」=「1票の格差」2倍未満で―高裁那覇支部

時事通信 / 2018年1月19日 14時22分

「1票の格差」が最大1.98倍だった昨年10月の衆院選は、投票価値の平等に反し違憲だとして、弁護士らのグループが選挙無効を求めた訴訟の判決が19日、福岡高裁那覇支部であった。多見谷寿郎裁判長は、選挙を「合憲」と判断し、原告側の請求を棄却した。全国の高裁・支部に起こされた16件の訴訟で初の判決。小選挙区制が導入されて以降、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング