国際通りで不発弾処理=一部封鎖、避難呼び掛け―那覇

時事通信 / 2018年1月20日 11時43分

那覇市中心部の「国際通り」で20日午前、一部を封鎖して不発弾の処理が行われた。市は半径約160メートルの立ち入りを規制し、住民約2500人に避難を呼び掛けた。市によると、国際通りで封鎖を伴う不発弾処理は昨年9月以来で3回目。不発弾は米国製で直径約21センチ、長さ約76センチ、重さ約50キロ。昨年11月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング