前宣伝部幹部の党籍剥奪=「ネットの皇帝」、収賄容疑―中国

時事通信 / 2018年2月13日 20時47分

【北京時事】中国共産党中央規律検査委員会は13日、党中央宣伝部の魯※(※火ヘンに韋)・前副部長に対して、職務上の権限を利用して他人の利益を図り、巨額の金品を受け取ったとして党籍剥奪と公職追放の処分を下したと発表した。今後、収賄容疑で司法機関による捜査が行われる。魯前副部長は、国家インターネット情報弁公室主任などを歴任。ネット統制を進め「ネットの皇帝」と呼ばれていた。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング