オランダ外相が引責辞任=「ロシア大統領から聞いた」と虚言

時事通信 / 2018年2月14日 8時18分

【ブリュッセル時事】オランダからの報道によると、ザイルストラ外相が13日、「ロシアのプーチン大統領から聞いた」との自身の発言が虚偽だったと認め、引責辞任した。ザイルストラ氏は、ルッテ首相率いる与党・自由民主党から入閣した主要閣僚で、辞任は4党連立の微妙なバランスの上に立つ政権にとって打撃となりそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング