農業ドローン、活用拡大=薬・肥料散布や生育観測―作業効率化に期待

時事通信 / 2018年2月18日 14時18分

農業分野でドローン(小型無人飛行機)を活用する動きが広がっている。これまで小型無人ヘリコプターなどで行ってきた農薬散布をドローンで実施する農家が増えているほか、生育状況の観測や台風などによる水利施設被害の把握、さらには鳥獣被害防止対策への利用も検討され始めた。農林水産省はドローンについて「後継者不足の中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング