東電に1500万円賠償命令=原発避難で102歳自殺―福島地裁

時事通信 / 2018年2月20日 17時38分

東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ自殺したとして、福島県飯舘村の大久保文雄さん=当時(102)=の遺族が東電に慰謝料など約6000万円を求めた訴訟の判決が20日、福島地裁であった。金沢秀樹裁判長は事故と自殺の因果関係を認め、東電に1520万円を支払うよう命じた。判決は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング