最大の敵対国は「北朝鮮」=2年前から3倍増の51%―米世論調査

時事通信 / 2018年2月21日 13時54分

【ワシントン時事】米ギャラップ社は19日、「米国の最大の敵対国」として、米国民の51%が北朝鮮を挙げたとする世論調査結果を発表した。「北朝鮮」との回答は2016年調査時(16%)と比べて3倍以上に増加。相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験に加え、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の挑発の応酬が影響したとみられる。2位は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング