公明、参院選へ引き締め=「らしさ」出せず、危機感も

時事通信 / 2018年2月24日 20時7分

公明党は24日、衆参の国会議員と地方組織の幹部を集めた全国県代表協議会を東京都内で開いた。山口那津男代表があいさつし、来年4月の統一地方選と夏の参院選について「政治決戦勝利に向け、全員が勇躍、決起して党勢拡大の闘いを開始しよう」と訴えた。「安倍1強」の状況が続く中、党の「らしさ」を思うように発揮できず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング