官邸にも5日報告=改ざん前文書の存在―国交省

時事通信 / 2018年3月14日 17時46分

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、国土交通省が今月5日、首相官邸に改ざん前の文書の存在を伝えていたことが14日、分かった。安倍晋三首相は、同日の参院予算委員会の集中審議で、改ざんの報告を「11日に受けた」と述べた。麻生太郎財務相も11日に報告を受けたと説明している。関係者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング