与党、佐川氏喚問を検討=昭恵氏は拒否―森友文書改ざん

時事通信 / 2018年3月14日 10時27分

自民、公明両党の幹事長、国対委員長は14日午前、東京都内で会談し、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざんを受け、同省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を検討する方針で一致した。自民党はこれまで拒否してきたが、野党が審議拒否を続ける国会の正常化に向け柔軟姿勢に転じた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング