李元大統領を取り調べ=近く逮捕状請求か―韓国検察

時事通信 / 2018年3月14日 14時40分

【ソウル時事】韓国のソウル中央地検は14日、2008~13年の在任当時に巨額の賄賂を受け取った疑惑を持たれている李明博元大統領(76)に出頭を求め、取り調べた。李氏は全面的に否認したとみられる。これに対し、地検は近く「証拠隠滅の懸念」などを理由に逮捕状を請求する可能性があると韓国メディアは伝えている。大統領経験者の取り調べは昨年3月の朴槿恵前大統領(収賄罪などで公判中)以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング