中韓配管部品に不当廉売関税=政府

時事通信 / 2018年3月14日 15時40分

関税・外国為替等審議会(財務相の諮問機関)は14日、中国製と韓国製の配管部品が不当に安い価格で日本に輸出されているとして、反ダンピング(不当廉売)関税を課すのが適当とする答申をまとめた。これを受け、政府は近く閣議決定し、現在は暫定的にかけている41.8~69.2%の高率関税を5年間適用する方針だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング