日本郵政、業績予想を上方修正=宅配便増加、純利益4500億円に

時事通信 / 2018年3月19日 17時56分

日本郵政は19日、2018年3月期の連結純利益予想を4500億円(従来予想は4000億円)に上方修正した。傘下の日本郵便の業績が宅配便事業の好調で上振れするため。売上高に相当する経常収益、経常利益も引き上げた。インターネット通販が拡大する中、ヤマト運輸と佐川急便が昨秋、宅配便の料金値上げに相次ぎ踏み切った。これに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング