生活保護打ち切りで賠償命令=具体理由不記載「違法」―津地裁

時事通信 / 2018年3月20日 19時13分

生活保護を受給していた三重県四日市市の男性(65)が、保護を打ち切る廃止処分により精神的苦痛を受けたとして市に賠償を求めた訴訟の判決が20日までに、津地裁であった。岡田治裁判長は請求を一部認め、市に慰謝料5万円の支払いを命じた。判決は15日付。判決は、廃止処分を通知した文書に処分の具体的理由が記載されていなかった点について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング