リコー、赤字1700億円=北米不振で過去最大―18年3月

時事通信 / 2018年3月23日 20時56分

リコーは23日、北米の事務機器事業の不振により、2018年3月期連結決算で純損益(従来予想ゼロ)が過去最大の1700億円の赤字になる見通しだと発表した。米販売会社関連で約1800億円の損失を計上することが響く。200億円の黒字を見込んでいた営業損益も1600億円の赤字に転落する。赤字決算は12年3月期以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング