トランプ氏、対ロ制裁に待った=国連大使発言を否定

時事通信 / 2018年4月17日 8時42分

【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト紙(電子版)は16日、トランプ大統領がロシアに対する追加制裁を中止させたと報じた。ヘイリー国連大使は15日、米政府はシリアの化学兵器使用疑惑に絡み対ロ制裁を16日にも発表すると発言していた。米政府当局者はポスト紙に、ロシアによる新たな問題行為なしにトランプ氏が追加制裁を承認する可能性は低いと指摘した。政権内の対ロ強硬派とロシアとの関係改善を目指してきたトランプ氏の間で意見の食い違いが生じている可能性もある。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング