元NHK記者に懲役21年=女性3人暴行―山形地裁

時事通信 / 2018年4月25日 18時25分

山形、山梨両県で当時20代の女性3人の自宅に侵入し性的暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判の判決が25日、山形地裁であり、児島光夫裁判長は「被害者の精神的苦痛は大きい」として懲役21年(求刑24年)を言い渡した。弦本被告は「犯人は私ではない」と無罪を主張しており、弁護人は判決後、「控訴するか被告と相談して決める」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング