【ソウル時事】北朝鮮の金桂冠第1外務次官は16日の談話で、核開発の初期段階で核放棄したリビアとは違うことを強調して「核保有国」の立場を誇示した。6月12日の米朝首脳会談に向けた水面下の交渉で「(北朝鮮は)核放棄ではなく核軍縮に向かっている」(北朝鮮元駐英公使の太永浩氏)と指摘する声もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング