「総合的対応窓口」8割知らず=犯罪被害アンケート―警察庁

時事通信 / 2018年5月17日 11時20分

地方自治体に設置されている犯罪被害者のための「総合的対応窓口」について、ストーカーや児童虐待、殺人などの被害者・遺族の約8割が知らなかったことが17日、警察庁の行ったアンケート調査で分かった。同庁は、犯罪被害者等基本法に基づき窓口の設置促進や周知に取り組んできたが、さらにリーフレットを作成するなど広報啓発を強化する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング