学校法人関西大学(大阪府吹田市)付属校の時間外労働の実態を労働基準監督署に申告した元教諭の50代男性が17日、申告を理由に不当解雇されたとして、同法人を相手に地位確認と慰謝料などの支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こした。訴状などによると、同法人は昨年4月と今年3月、残業に関する労使間協定を結ばずに1日8時間の上限を超えて、付属の小中高校の教員を働かせたなどとして、茨木労基署から是正勧告を受けた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング