オウム中川死刑囚が論文発表=金正男氏VX殺害を分析

時事通信 / 2018年5月23日 17時16分

オウム真理教の元幹部中川智正死刑囚(55)が、2017年にマレーシアで起きた金正男氏殺害事件で使われた猛毒の神経剤VXについて分析し、英語で論文を発表したことが23日、分かった。接見を重ねているコロラド州立大名誉教授のアンソニー・トゥー氏(87)との共著で、日本法中毒学会の電子版学会誌に掲載された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング