鉄連会長、鋼材需要縮小を懸念=米の車関税引き上げで

時事通信 / 2018年5月25日 19時28分

日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は25日の記者会見で、トランプ米政権が輸入車関税の引き上げに向けた調査を始めたことについて、「日本の鉄鋼が買ってもらえなくなる」として、鋼材需要の減少に懸念を示した。自動車には1台当たり1トン近い鋼材が使われているという。柿木氏は米政権が安全保障上の脅威を理由に挙げたことについて「なぜ自動車が対象になるのか疑問だ」とした上で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング