精進重ね最後の奉公=中曽根元首相コメント

時事通信 / 2018年5月27日 5時2分

中曽根康弘元首相が発表した「満100歳にあたり」の要旨は次の通り。大正、昭和、平成の三つの時代を生き、明年は新天皇陛下ご即位の下に新たな元号も始まる。新たな時代へ大いなる期待とともに四代を生きることに深い感慨を覚えずにはいられない。敗戦を機に政治の世界に身を投じたが、日本の再興再建のために国民と働くことができたことはこの上ない喜びだ。時代の変遷に100歳の人生を重ね合わせれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング