トヨタ、1100億円出資=東南アジア配車大手に

時事通信 / 2018年6月13日 16時11分

トヨタ自動車は13日、東南アジアの配車サービス大手「グラブ社」(シンガポール)に10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。出資は今月下旬を予定。トヨタは取締役と執行役員各1人を派遣する。両社は提携関係にあるが、出資により協業を拡大する。具体的には、グラブ社が東南アジアで展開するレンタカーを通信機能が付いたコネクテッドカー(つながる車)にし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング