前市長が土地購入主導=自ら値下げ交渉も―伊東市汚職事件・警視庁

時事通信 / 2018年6月17日 16時37分

静岡県伊東市のホテル跡地をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された前市長の佃弘巳容疑者(71)が跡地の購入話を自ら市に持ち込み、値下げ交渉も行うなど土地購入を主導していたことが17日、市関係者への取材で分かった。警視庁も把握しており、同市の佃容疑者宅を家宅捜索するなどして詳しい経緯を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング