台湾の年金改革が決着=蔡政権の最重要課題

時事通信 / 2018年6月21日 18時26分

【台北時事】台湾で職業軍人を対象とする年金制度改革法が20日深夜の立法院(国会)で、賛成多数で可決、成立した。年金財政の破綻を回避するため、支給額を段階的に減らすことなどが柱。公務員と教職員の年金改革法は昨年6月に成立済みで、蔡英文政権が最重要課題として推進した一連の年金改革は2年越しで決着した。蔡総統は21日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング