カレーの作り置き注意=菌増殖、食中毒の恐れ―消費者庁

時事通信 / 2018年6月23日 15時25分

梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。同庁によると、ウエルシュ菌は100度の熱を加えても完全に死滅させるのは難しい。作った煮込み料理を室温で冷ましていると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング