企業活動、ほぼ正常化=中小など資金繰り懸念も―大阪北部地震1週間

時事通信 / 2018年6月25日 19時59分

大阪府北部を震源とする地震の発生から25日で1週間を迎えた。操業を停止した工場の多くは再開し、遅れていたガスも復旧するなど企業活動はほぼ正常化。都市型災害で経済への打撃も懸念されたが、「影響は限定的」(エコノミスト)との見方が広がる。ただ、中小企業の資金繰りなど不安材料も残り、被害の全貌はまだ見えない。世耕弘成経済産業相は同日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング