独ネオナチ女に終身刑=移民ら10人殺害

時事通信 / 2018年7月11日 19時57分

【ベルリン時事】ドイツでトルコ系移民ら10人を殺害した罪に問われたネオナチ組織の女、ベアーテ・チェーペ被告(43)に対し、ミュンヘン上級地裁は11日、求刑通り終身刑を言い渡した。事件は発覚当時、ドイツ社会に衝撃を与え、訴訟も「戦後最も重要な右翼テロ裁判」(シュピーゲル誌)と位置付けられていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング