米ウォルマート、西友売却へ=世界的事業再編で日本撤退

時事通信 / 2018年7月12日 11時56分

米小売り大手ウォルマートが傘下の西友の株式を売却し、日本から撤退する方針を固めたことが12日、分かった。ウォルマートは米アマゾン・ドット・コムなどネット通販との競争激化を受けた世界的な事業再編を進めており、その一環とみられる。買い手探しに向けた打診は既に始まっており、他の国内流通大手や投資ファンドなどが候補に上っている。全国335店舗(5月時点)全てを売却した場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング