西日本を中心とする豪雨災害で、ため池の決壊が相次いでいる。広島県がこれまでに市町から報告を受けたものだけで10カ所に上り、昨年7月の九州北部豪雨での9カ所を既に超えている。同県は自衛隊と協力し、緊急点検に乗り出した。ため池は農業用水を確保するために人工的に造られた池で、地元農業者らが管理している。全国に約20万カ所あり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング